2014年03月10日

夕日の海



「夕日の海」
作詞・関屋圭二 作曲・葵新太郎

真っ赤に燃えた 太陽が
海の彼方に消える 夕暮れ
紅(くれない)燃える 海と空
君と二人の 愛の影
夕日に染まる 海の夕暮れ

寄せては返す さざ波に
赤い太陽 海の夕風
沖行く船が 遠ざかる
セピア色した さざ波が
夕日に染まる 海の夕暮れ

夕日が沈む 砂浜で
君と誓った 永久の愛に
きらきら光り 輝いて
君と僕とを 包み込む
夕日に染まる 海の夕暮れ


歌謡宅配便

  

    
posted by 葵新太郎 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌詞

サラリーマン人生



「サラリーマン人生」
作詞・まさと 作曲・葵新太郎

みんななるのさ 主任にまでは
手当は付かず 仕事も同じ
課長と平に つつかれながら
胃薬飲んでは 出る吐息
 (あ〜ぁ しんどいね〜)

やっと手にした 課長のポスト
手当が付いて 仕事も増えた
付き合い増えても 交際費無し
手取りの給料 なぜ増えぬ
 (あ〜ぁ しんどいね〜)

ついに掴んだ 部長の椅子を
暮らしもこれで 心配ないが
次には役員 常務もあると
思ったとたんに 肩たたき
 (あ〜ぁ しんどいね〜)


歌謡宅配便

   
posted by 葵新太郎 at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌詞

浜の漁師



「浜の漁師」
作詞・関屋圭二 作曲・葵新太郎

潮の匂いが 染み込んだ
海の男の 黒い肌
ごつい指に 網引きだこと
皺の深さが 自慢顔
浜の漁師の 浜の漁師の
船出だ今日も

陸(おか)で女房は 浜仕事
無事を祈って 精を出す
浜で生まれ 浜で育った
男勝りの 粋なやつ
漁師女房は 漁師女房は
働き者だよ

カモメ引き連れ 大漁と
得意顔して 帰り船
無事で帰った 海の男に
笑顔振りまく 恋女房
今日も大漁の 今日も大漁の
一番船だよ 


歌謡宅配便

   
   
posted by 葵新太郎 at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌詞